2009年07月02日

念動車椅子


高速道路のETC割引の話題が出たので、もう一つ車に関する話題を。

技術開発は日進月歩。確実に新しい技術が生まれ出ています。

理化学研究所とトヨタ自動車などが設立した研究組織「理研BSI−トヨタ連携センター」は6/29、念じるだけで電動車いすを制御するシステムを開発したと発表しました。

頭につけた電極で脳波を読み取って解析し、車いすに指令を出す仕組みで、前進と左右への旋回を95%以上の信頼度で制御できるようです。

今後はより多くの動作への応用を研究するとともに、より簡単に使える電極を開発し、医療や介護分野への応用につなげる考えだそうです。

これは車椅子だけに限らず、普通の車にも応用できるのではないでしょうか。
駐車場でよくある事故で、アクセルとブレーキの踏み間違いだとか、前進と後進のギアの入れ間違い、これは脳波でのコントロールならば、防げるのではないでしょうか?

他にも色々と応用が利きそうな技術ですよね。

私の場合、ロボットを脳波でコントロールし、薪割をやってもらいたいですね。
猛暑で汗がダラダラの季節でも、雨が降っていても、自分は涼しいところで薪割が出来るなんて、楽で良いですね。


lastbarheso.jpg

posted by シノブ at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。