2009年07月08日

知的犯罪? クレジットマスター


アメリカのテレビドラマ、「ナンバー」というのをご存知ですか?
天才数学者の弟とFBI捜査官の兄の二人が、数学と言う手法で難事件を解決していく、というものです。

ドラマの中でよく出てくるキーワードが、アルゴリズム。
暗号やプログラムの解析に用いる数式のことですが、コレが解読で切れは、あらゆる応用が出来ます。
セキュリティの解除や、カードの偽造。

そんなドラマのような事件が、この日本でもあるようです。

クレジットマスター、という手口だそうです。

日本クレジット協会によると、クレジットカード番号はカード会社ごとに特定の規則性に基づいて発行順に決定しています。
「クレジットマスター」は十数ケタの番号から、カード会社を示す番号などを除いた複数のケタに、ある決まった計算を加え、実在する別のカード番号を割り出す手口だそうです。

このクレジットマスターを使い、大阪の女性がインターネット通販で家電製品を購入したとして、窃盗容疑などで逮捕、起訴されました。

クレジットマスターで六十数人分のカード番号を割り出していたそうです。

日本クレジット協会によると、クレジットマスターによるカード犯罪の国内での摘発は前例がないといいます。

問題なのは、誰にでもカード番号の解析が可能なのかどうか、そのような解析ソフトが出回っているのか、といって点でしょうか。
今回の摘発が氷山の一角、ではないといいのですが…。


lastbarkosi04.jpg 
posted by シノブ at 08:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。