2009年06月17日

庭に野鳥を呼ぶ バードフィーダー


かねてより気になっていたもの、それはバードフィーダーです。

折もおり、娘の工作魂が盛り上がってきている、ということもあって、一緒に作ってみようか、ということになりました。

以前雑誌に造り方が載っていましたので、それを参考にしました。
材料は買わずに、家に嫌というほど転がっている薪用の木やたきつけ用の枝を使うことにしました。
我が家は薪ストーブを使っているので、こうした部材には事欠きません。

そもそも、バードフィーダーというのは、鳥用のまぁ、餌入れ、ですね。

野鳥が餌を求めて飛んでくる。
周囲に餌が乏しくなる冬がシーズンなので、時期ハズレもいいところなのですが、まぁ、試しにって言うことで。
なにしろ、今まで造ったこともないのですから。

DSC06178.JPG


バードフィーダーにも色々と種類があって、生の果物を餌にするものは、果物を突き刺してぶら下げる感じです。
皿型のものもあります。これだと周囲に退き散らかしそうな気がします。

今回私が作ろうとしているのは、餌を容器に入れるタイプのものです。

構造は単純です。
ペットボトルを利用します。
ペットボトルに小鳥の好きそうな餌をいれ、周りを小枝で固定します。
この小枝に鳥が止まり、ペットボトルにあけた穴から、小鳥が中の餌をつつく、といった具合です。

とはいえ、細かい部分はどうしたらいいのでしょう。
実際に娘に枝を切らせながら、パーツを組み合わせつつ、試行錯誤で構想を練っていきます。

まぁ、行き当たりばったり、というやつです。

果たして、どんなバードフィーダーが出来上がるのやら…。

自転車メンテナンス用品
posted by シノブ at 09:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

マックとニンテンドーDSのコラボレーション


我が家は結構マクドナルドに出かけます。
子供たちがハッピーセットのおまけのCMを見ると、欲しくなってしまうようです。

そのマックの日本マクドナルドが、ニンテンドーDSのヒットで不景気でも業績を伸ばしている任天堂と提携すると発表されました。

この最強のコラボで、店内でのコンテンツが向上するようです。
「ニンテンドーゾーン」と呼ばれるWi-Fi(無線LANの一種、ブルートゥース見たいな感じ)の接続拠点を店内に設置し、店舗利用者が持ち込んだ個人所有の「DS」向けに、店内でのみ楽しめるコンテンツを配信する予定だそうです。

具体的なところでは、各店舗を訪れる毎に、DSにキャラクターをダウンロードできる「コレクションラリー」ができたり、すでに発売されているゲームの体験版をダウンロードすることができるそうです。
他に目玉なのが、「ポケモン」のDSソフト「ポケットモンスター プラチナ、ダイヤモンド・パール」を持っている場合は、幻のポケモンとも言われる「ジラーチ」をダウンロードすることもできるそうです。

これではマックの食事よりも、DSで遊ぶ為に店に行きそうな勢いではないですか。
今からもう、渋滞の予感が…。

このサービス、「マックでDS」というそうで、6月19日から始まるようです。
全国約3750店舗のうち約3200店舗で利用できるようになるというので、この近所のマックでも楽しめそうですね。


lastbartouch.jpg
posted by シノブ at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5000円乗り放題 JR東日本 今年の夏


世界天文年の今年、皆既日食や流星群といった天体ショーがあるので、今漠然と夏休みのことを考えています。
どこか星のきれいに見えるところへ行ってみたいな。

そんな折、JR東日本のニュースを見ました。

関東と福島、長野、新潟など12都県の普通列車のほか、提携した東京湾フェリーや京浜急行バスなどの路線が2日間乗り放題になる共通割引切符を発売するそうです。
利用期間は7月20〜8月31日と9月の休日の連続する2日間。
料金は大人5000円(学生3500円、小学生以下2000円)とのことです。

どうやら、高速道路の料金値下げの影響らしいです。
ゴールデンウィークは高速道路の渋滞が起こるほど、客を道路側に持っていかれた形で、JRの5月の休日の利用者数は25%減となったそうです。
挽回する為の一大作戦、といったところなのでしょう。

例えば、会津若松駅−東京駅の往復運賃は9880円。
この割引切符を使えば約半額になります。
別途、特急券を購入すれば新幹線なども利用可能だし、このほか提携したフェリーにも乗船できるため、多様な楽しみ方ができそうです。

車はピンポイントで移動できて便利ですが、運転が疲れます。
電車は車にはない情緒があって楽しいものです。

さて、この夏、どうしましょうか。


lastbarhaibiscas02.jpg
posted by シノブ at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

洋上風力発電

社民党のホームページ。
というと、堅いイメージがあるとは思いますが、政策のページに面白いイラストを見つけました。

http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/electoric/electoric_wind01.htm

海上に巨大な風車が並んでいるイラストですが、未来都市っぽい景観で、SFの世界のようで、かっこいいです。
ただし、これは夢の話ではなく、近い将来現実のものとなるだろう話です。

アメリカでもグリーンニューディール政策では風力発電は1つの目玉担っていますが、日本でも自然の力を利用したエネルギー開発は活発です。
太陽エネルギーが注目度では一番かもしれませんが、最近はあちこちに風車の姿も見かけるようになりました。

ただ、風車の難点がいくつかある。
陸上で設置する場合は山間部が中心になるため、機材搬送や景観保護のため、巨大なものを建設するのが難しい。
そのためエネルギー効率のなかなか上がらないそうです。
一方、洋上ではそうした制約が少ないため大型化しやすくなります。それに洋上は沖に行くほど陸上よりも安定して強い風が吹くため、発電の効率も高いそうです。

発電能力に対する発電量の比率も、洋上は40%を見込むことができ、約25%の陸上や、約10%の太陽光発電を上回ると期待されるそうです。

日本は周囲をすべて海に囲まれています。
近い将来、日本の海岸の風景が一変するかもしれません。

そういえば、アイルランドは、火力発電や原子力発電は全く使っていないそうですね。
日本もそこを目指して欲しいと思います。


lastbarisu.jpg
posted by シノブ at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラーゲン入り豆腐


先週の土曜日のこと、子供たちがスイミング教室に行っている間、食材の買い物をしていると、「波乗りジョニー」という豆腐を見つけました。
普通の四角いパッケージではなく、細長い楕円形。
白地に青のロゴが目に付く豆腐です。
ちょっと気になって見ていると、そばにピンク色の波乗りジョニーがありました。

あれっ、違う。

ピンクのは「波乗りジェニー」でした。
この豆腐、売りはコラーゲン入り、ということで、イメージ的には女の子なのでしょうか。だから、ジェニー。

ところでコラーゲン入りの食品、よく見かけますが、本当に体にいいものなのでしょうか。

コラーゲンを多く含む健康食品が、皮膚の張りを保つ、関節の痛みを改善するという報告がされているそうです。

ただし、全く逆の説の報告書もあり、健康食品としての有効性(=について科学的に十分に証明されているとは言い難いというのが現状のようです。

それでも気分だけでも美白にいいと思えば、病は気からではありませんが、効能はあるのかもしれません。

効能はともかく、冷奴にしたものを娘はおいしいといって食べていたので、オッケーでしょう。


lastbarashimoto.jpg
posted by シノブ at 09:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

緊急時飲料提供ベンダー


梅雨入りしたようですね。
日経平均が10000円を回復したとニュースで言っていましたが、曇りがちな空のようにまた停滞しなければいいですね。
経済の面では梅雨入りせず夏になってください。

先日、子供が自転車の練習をしたいというので、一緒に家の近所の公園に出かけた時、そこに設置されている自動販売機に見慣れない文字を見かけました。
それが、「緊急時飲料提供ベンダー」です。

読んで字の如く、これは緊急災害時に自動販売機の中の飲料水を無料で提供する、というものです。
飲料水メーカーや自動販売機メーカーが無償で行っている災害対策の一環で、ここ数年で導入、設置の動きが広がっているそうです。

なるほど、確かにライフラインが途絶えてしまうと、こうした機能は大変ありがたいですね。


lastbarbikini2.jpg
posted by シノブ at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かぐやが月へ


月探査衛星の「かぐや」が月に帰りました。

月を周回しながら大規模観測を続けていた、日本初の月探査機「かぐや」が11日午前3時25分、その役目を終えて月面に落下しました。
月の起源や環境を探る情報を集めながら、地球の姿や月面の様子をとらえた映像を落下直前まで送り続けました。
打ち上げ当初はその画像が公開されたり、結構話題になっていましたね。

宇宙航空研究開発機構がH2Aロケットで打ち上げた「かぐや」は、07年12月から今年1月まで、月面から高度100キロの軌道を周回。
X線や赤外線などのセンサーやレーザーなど全14種類の観測機器とハイビジョンカメラで様々な観測をしました。

「かぐや」がもたらした膨大な観測データは10テラバイトを超えるそうです、その内解析が進んでいるのは3割程度。
今後、本格的な解析によって、月表面の元素や鉱物分布、地下構造などがわかる可能性があります。
月の起源の解明だけでなく、月資源探査や着陸地点の選定など、将来宇宙へ進出していく為の重要な情報が得られると期待されているそうです。

今回の「かぐや」、実は私は知らなかったのですが、探査のほかにひとつの素敵な試みがあったそうです。
それは、「月に願いを」と公募した約41万人分のメッセージが刻まれたシートを搭載しており、多くの人たちの思いを月に届けたそうです。

もっと早く知っていたら、私も願いを届けて欲しかったです。


lastbarrivership.jpg
posted by シノブ at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

自閉症の少女ジーナ・マリエ 国歌斉唱


このブログでも何度か書きましたが、私の趣味はNBA観戦です。
今はプレイオフファイナルの真っ最中。
熾烈な戦いが続いていますが、今回はこぼれ話、とでも言うものについて書きたいと思います。

ジーナ・マリエという七歳の女の子がいます。
2歳になる頃に自閉症と診断され、3歳くらいまでは会話ができなかったそう。
正確には特定不能の広汎性発達障害との診断を受けたジーナちゃんの両親は、言語障害が残るのを恐れて、フロリダの大学で音楽を使って話す技術を習得するというプログラムに参加させたのだそうです。

歌うことを覚えたジーナちゃんは、その後アメリカ国歌(スター・スパングルド・バナー)を覚えます。
この歌が聞く人を魅了するほどに上手いのです。

様々な場所で国歌斉唱のオーディションがあるとこれを受け、見事合格し、人前で歌うようになります。
MLB、NHL、テニスのUSオープン、等の試合の前に歌っていったそうです。 

今年はNBA、オーランドマジックの試合前にも歌うようになっています。
そして、なんと、ジーナちゃんが歌ったマジックの試合は、すべて勝利を収めているのです。
先日のレイカーズとのファイナルでも国歌斉唱を歌い、マジックが勝利。
これで7勝0敗。
まさしく幸運の女神なのです。

2万人以上も集まるアリーナの真ん中で堂々と歌い上げるジーナちゃん。
症状がよくなっていくとともに、マジックも勝利数を増やしていけるといいですね。


lastbarskywoman.jpg
posted by シノブ at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家公務員ボーナスなし


六月といえば、ボーナスの時期ですね。
今年の夏のボーナスは不況のあおりを受けて、減額になる企業が多いとの事です。
そんななか、公務員のボーナスが支給されない、という国があるそうです。
それは、シンガポール。

シンガポールでは公務員給与は民間の給与レベルと連動しており、政府は「現下の経済状況に合わせたもの」としています。
政府はすでに今年3月、2009年度の給与の引き下げと国内総生産(GDP)に連動する特別手当は支給しないことを通知していました。

給与引き下げとボーナスの中止で、今年の公務員給与はポストに応じ、前年比で6%〜21%の減額に。
年末のボーナスについては、今年下半期の経済状況をみて支給するかどうかを決めるそうです。

この決定について公務員組合は「世界的な経済危機で、民間企業の従業員はすでにボーナスや給与のカットや凍結をされており、民間に合わせたものだ」として考えを支持する方向。
すごいですね。

ちなみに日本の国家公務員の夏のボーナスは、当初の予定より月給0.2カ月分減額され、1.95カ月分が支給されるそうですが、元々が高給取りなので、あまりたいした影響はないのではないでしょうか?

かねがね私は、国家公務員の給与、賞与、は、民間レベルに合わせるべきだと考えていました。
国民全員が豊かになれば、給料も上がる。その為に努力して国に仕える。
それが国家公務員というものではないでしょうか?

その点、シンガポールの考え方というものは、素晴しいと思います。


lastbarbeasan.jpg
posted by シノブ at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

三菱 i-MiEV いよいよ発売


三菱自動車は量産型の新世代電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」(4人乗り、軽乗用車)を7月下旬から発売すると発表しました。
今年度は法人ユーザーや自治体などを中心にリース販売となり、個人向けの発売は、10年4月からの予定だそうです。

i-MiEV はインサイト、プリウスなどのハイブリッド車とは違い、電気のみでの走行となるため、CO2を含め排出ガスを全く発生しない。
フル充電での走行距離は最大で160km、最高時速は130km/hとなっています。

充電は、自宅でも外出先でも利用できる3WAY充電システムを使用。
一般用のコンセントから手軽に充電ができる普通充電と、今後各所での設置が期待される急速充電器での充電に対応しています。
充電時間は空の状態から満充電まで、200Vの普通充電で約7時間、100Vの普通充電で約15時間、急速充電では約30分かかるそうです。

問題になりそうな充電だが、家庭用のコンセントでも一晩あれば十分。
コンビニエンスストアや自治体など、充電環境の整備に積極的な動きも出てきているらしいです。
「買い物や送り迎えなど、街中を普通に走るために必要なコンセントネットワークと安全性、走行性能についての問題はない」
とのこと。

気になる価格は、459万9000円。
一般社団法人次世代自動車振興センターによる補助対象車両として承認されているので、所定の手続きをすれば、138万円(上限)の補助金が交付される予定です。
それでも約320万円。
ちょっと高すぎですね。

最近はリチウム電池の改良や進歩にも目覚しいものがあるので、来年の個人向けの発売までに更に改良を加え、もっとお手ごろ価格にして欲しいものです。

200万円くらいなら、絶対に買うんですけどね。
それでも、今予約が殺到しているようですよ。


lastbarkoshi02.jpg
posted by シノブ at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失明が治る


オーストラリアのシドニーにある、ニューサウスウェールズ大学(UNSW)の幹細胞研究者Nick Di Girolamo博士が率いるPrince of Wales病院(POWH)の研究チームが5月28日『Transplantation』ジャーナルに発表した研究報告によると、目の見えない患者さん3人が幹細胞をコンタクトレンズに培養して装着する研究において、わずか1ヶ月で視力が回復したそうです。

これは片目が見えない患者3名の、正常な目の角膜のサイドから1mm未満の幹細胞を抽出し、コンタクトレンズで10日間培養したものを患者さんたちに与えたそうです。
すると、幹細胞が再コロニー形成を始め、角膜が治癒したというのです。

患者3人のうち2人は法律上の失明認定の状態だったのに、今では視力検査表の大きな文字は複数見えるまでになったそうです。
3番目の患者は視力検査表の一番上の数列が見える程度だったのが、今や運転免許証の視力検査もパスできるほど視力が上がったという。

研究チームは「視力矯正が安定するかどうかはまだ予断を許さない」としてはいるが、視力に障害のある方にとっては、かなりの朗報ではないでょぅか。

一日も早く技術が確立することを願います。


lastbardog05.jpg
posted by シノブ at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

アサヒ ザ・マスター 新発売


私は毎晩晩酌を、というほどの酒豪ではありませんが、時々は飲みます。
一番飲むのは何といってもビールですね。

最近は歳の所為か、何本も飲むということが出来なくなって、量よりもむしろ味を重視して銘柄を選んでいます。
私が好きなのは、地ビールのような酵母がバンバンきいて、味のあるビールです。
醸造元で飲む地ビールが、何といっても一番ですが、しょっちゅう出かけるわけにもいきませんので、やはり缶ビールを求めます。

アサヒビールが調べたところによると、客がビールを選択する理由としては、

くつろぎ・報酬といった「ビールならではの価値」への期待と、味・嗜好については「コク・味わい深さ」への期待

が高まっていることがわかったそうです。

なるほど、と納得です。
まさしく私がビールに求めるものと同じですから。

味わい深く、薫り高い“アサヒビールが造った本場ドイツの味わいを楽しむビール”、それが新発売の「アサヒ ザ・マスター」です。

ドイツ「ビール純粋令」に定められた原材料である麦芽・ホップ・水のみを使用し造ったビールで、原材料にもドイツ産ホップとドイツ産麦芽を使用し、ドイツ伝統の醸造法である「インフュージョン法」「コッホエンデガーベ法」を採用しました。
また、ドイツのビール醸造学の中で最も権威の高い大学の一つである「ミュンヘン工科大学」から醸造学の“マスター”の称号を与えられた醸造家が監修しています。

これが不味いはず無いです。
早速買ってきましたが、実はまだ飲んでません。

今から楽しみです。


lastbarbikini3.jpg
posted by シノブ at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロイヤルホストが全席禁煙化


ロイヤルホールディングスは6/5、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」で、客席部分を全面禁煙とする店舗に順次改装していくと発表しました。
喫煙者には、喫煙ルームを店内に設けるそうです。
7月までに10店で実施し、3年後には全店の約6割にあたる175店まで広げていく方針だそうです。

客席部分を全面禁煙とするのは大手ファミレスチェーンでは初めて。

ファミレスでは客席を喫煙エリアと禁煙エリアに分ける分煙が一般的です。
ロイヤルホストもこれまで分煙で対応してきたが、煙が禁煙席に流れ込むことを嫌がる客もいるため、全面禁煙に踏み切ることに。

いいことです。
そもそもファミレスって、ファミリーで行くからファミレスであって、小さな子供だって大勢来ます。
それなのに禁煙でないこと自体がおかしい。
おいしい食事を食べているときに、嫌なタバコのにおいがすることほど、不快なものはうないです。
私の住むところにはロイヤルホストはありませんが、他のファミレスも見習って欲しいものです。

そういえば、近所のマックは今年から全席禁煙に変わりました。
いやぁ、よかったよかった。

ひと箱千円、二千円くらいの増税は絶対すべきです。
この世からタバコ自体が消滅してくれたらいいのに。


lastbarajisai.jpg
posted by シノブ at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

カブドットコム証券元社員 インサイダー取引


内部事情を知る者が、それを利用して株などの取引で利益を得ることはいけませんよね。
でももし確実に儲かると解っている株があって、買うことが出来たら、理性を保って手を出さないでいられるでしょうか?
私はちょっと、自信がありません。

証券取引等監視委員会は6/5、三菱UFJフィナンシャル・グループのインターネット証券、カブドットコム証券元社員ら2人がインサイダー取引をしたとして、課徴金を科すよう金融庁に勧告したそうです。
元社員が社内で顧客のインサイダー取引など不正を監視する立場にいたことも問題視しており、金融庁は同社の内部管理体制の問題についても調査を始めた。
2人は共同投資する間柄の友人で、三菱東京UFJ銀行が2007年3〜4月に同証券をTOB(公開買付)する際も発表前の情報をもとに約510万円を購入。
同年11〜12月のTOBは元社員が外部には未公表の社内情報を知りながら、約115万円買っていた。

また、監視委の調査では2回目のTOBの際に社長が全社員あてに公表前の重要情報をメールで送信していたことも発覚。
目の前にニンジンをぶら下げられた馬のような状態です。
情報管理のずさんさも問題視してしかるべき出、金融庁は行政処分を出すかどうか検討するそうです。

お金、楽した儲けたいと思うのは、誰でも同じです。
でも、犯罪に手を出してはいけません。


lastbarroad.jpg
posted by シノブ at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栗本薫さん 死去


そんなことになっていたなんて、ぜんぜん知らなかったです。

私は栗本薫のファンで、「グインサーガ」はもう25年以上も愛読し続けています。

5月26日午後7時18分、膵臓がんのため東京都内の病院で亡くなったそうです。
56歳。
通夜は29日午後6時、葬儀・告別式は30日、近親者のみの密葬で行い、後日お別れの会を予定しているそうです。

ほぼ、2ヶ月に1冊のペースで発刊される「グインサーガ」のあとがきを呼んでいて、具合が悪いことや、手術のことなどは知っていましたが、それでも少しずつ回復へ向かっているのだと信じていました。
あまりにも突然のことでショックが隠せません。

「グインサーガ」は未完の大河小説。
6月には127巻目の発売が予定されている、まだまだ先が長い物語です。
そして、もうひとつ私の好きなシリーズが「魔界水滸伝」。この二つの物語は根っこのところで1つの物語だったと推察できますが、そうした謎も、もう解き明かしてもらうことが出来なくなりました。

本当に残念です。
栗本薫さんのご冥福をお祈りします。




  
posted by シノブ at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

バタフライ・エフェクト

私が今はまっている海外ドラマはヒーローズ シーズン3です。
さまざまな特殊能力を持つ登場人物たちの話なのですが、知っている方も多いと思います。
物語もシーズン3を迎えました。
私はもっぱらスカパー!で見ているのですが、先日放送された話のタイトルが、「バタフライ・エフェクト」でした。

この言葉、私には全く聞き覚えのないものだったので、ちょっと調べてみました。

バタフライ効果とは、「カオスな系では、初期条件の通常なら無視してしまうような極めて小さな差が時間とともに拡大して、やがては無視できない大きな違いをもたらす。そしてそれは予測不可能」ということの詩的表現である。

ということです。

カオス力学の考え方を解りやすく表現したものということで、エドワード・ローレンツという人が、1972年にアメリカ科学振興協会でおこなった講演のタイトル『予測可能性-ブラジルでの蝶の羽ばたきはテキサスでトルネードを引き起こすか』に由来するものです。

つまり、蝶の羽ばたきという、小さな動きが、地球の反対側で竜巻という巨大な現象を引き起こす、というのです。

日本語で言う、風が吹くと桶屋が儲かる、的なニュアンスのようですね。

実際にそのようなことが起こるといっているのではなく、可能性の話のようです。

私たちの行動や言葉は、少なからず何かに影響を与えます。
とりわけ子供に対する影響は多いでしょう。
正しい行いを心がけたいです。


lastbarhimawari02.jpg
posted by シノブ at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界天文年


世界天文年というものを知っていますか?

今年がそれに当たるそうです。
2009年はイタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡を夜空に向け、宇宙への扉を開いた1609年から、400年の節目の年。
そこで、国際連合、ユネスコ(国連教育科学文化機関)、国際天文学連合は、この2009年を「世界天文年(International Year of Astronomy:略称 IYA)」と定めまたそうです。

「宇宙 … 解き明かすのはあなた 」(THE UNIVERSE: YOURS TO DISCOVER)

がスローガンです。

世界天文年2009は、多くの方々に夜空を見上げてもらい、宇宙の中の地球や人間の存在に思いを馳せ、ガリレオのように自分なりの発見をしてもらおう、という試みです。
「地球人」としての認識を持ち、一緒に未来に向かっていくことを目標としつつ、ガリレオの経験したような驚きを、全員が共有し、尽きない宇宙の謎の魅力にふれてもらうため、天文学と宇宙科学に関する行事を、さまざまな規模や形態で世界中で展開する予定だそうです。

子供の頃、夜空が好きでよく見上げていました。
日蝕や月蝕があるときは必ず見ていました。
望遠鏡をのぞくのも好きでした。
時にお気に入りは月で、月面の模様は飽きずに見ていたものです。

そんなことを思い出しました。

LogoA_port_72dpi.jpg



posted by シノブ at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

山口秋芳プラザホテル CO中毒

山口県の「山口秋芳プラザホテル」一酸化炭素中毒が発生したそうです。

修学旅行で訪れていた小学生や、同行していた看護士、教員、カメラマン、駆けつけた消防士が次々と倒れたそうです。

吐き気や喉の痛みがあり、いずれも一酸化炭素中毒と見られる症状だそうです。

原因は調査中だそうですが、どうやら地下のボイラー室の煙を廃棄する煙突に、途中で亀裂があり、そこから漏れた煙がホテルの3階辺りに流れ込んだ所為ではないか、とのこと。

この事故を聞いて、私はとても怖くなりました。
我が家にも煙突があるからです。
薪ストーブの煙突から、煙が漏れて出たことも経験があります。
ちょっとけむい、という程度で、大変な事態には至っていないのですが、最悪の場合は一酸化炭素中毒、と言うこともありうるのですね。

煙突、薪ストーブの点検、コンバスターの交換、煙突掃除…。

メンテナンスはしっかりしたいと思います。


lastbarswims01.jpg
posted by シノブ at 08:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出生率上昇 3年連続

2008年の出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの数)は1.37で、07年を0.03ポイント上回ったことが3日、厚生労働省の人口動態統計で分かりました。

出生率の上昇は3年連続になるそうです。
ただし、出産適齢期の女性の数自体が減ったのが数値の主な押し上げ要因だそうです。
出生数は前年比1332人増の109万1150人で、昨年がうるう年で一日多いという特殊要因を除けば、実質的には微かに減少となるそうです。
20〜34歳の女性で出産は減り、35歳以上で産む人が増える傾向が続いているそうですね。

若いお母さん、というのは減ってきているんですね。
子供の保育所にお迎えに行った時なども、何となく、それは感じます。

一方、死亡数は3万4133人増の114万2467人で戦後最多。

出生数から死亡数を差し引いた「人口の自然増減数」は5万1317人のマイナスに。
前年の減少幅の3倍近くで、人口の減少ペースは加速しているそうです。
自然増となったのは、都市部を中心とした9都府県だけ。
地方の空洞化に歯止めがきかないようです。


lastbarhitode.jpg 
posted by シノブ at 08:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

板橋区の保育所のとりくみ

板橋区で新しい取り組みが始まりました。

子供を保育所に預けていると、よく保育所から子供が熱を出したと連絡を受けます。
すると、親は仕事をなげうって駆けつけなくてはいけません。
突然仕事を中断して保育所に迎えにいける人はいいのですが、出来ない人もいますし、職場によっては早退しづらいところもあるでしょう。

そんな親に代わって看護師が保育所に子どもを迎えに行き、病院内の保育施設で預かる“お迎え付き”病児保育サービスが、6/1から板橋区高島平の板橋区医師会病院で始まります。
子育て世代の悩みを解決しようと板橋区が本年度から導入した事業で、全国的にも珍しい取り組みです。

定員は六人。
専従の保育士三人と看護師二人が常駐し、医師が別室からモニター画面を通じて室内の様子を確認できる。
保育料は一日千五百円で、迎えに行く際のタクシー代や、食事代などは実費負担になります。

区の保育サービス課は「本来保護者が迎えに行くのが望ましいが、どうしても休めない場合、この制度を活用して育児と仕事の両立に役立ててほしい」と話しています。

なかなかいい制度ではないかと思います。
定員6名が少ないような気がしますし、定員オーバーになった時にどうするのかという疑問もありますが、今後改善されていくことでしょう。


lastbarflowerp.jpg
posted by シノブ at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。