2009年05月20日

裁判員制度 明日から


最近暑くなってきました。
5月だというのに、もう初夏のようですね。

さて、最近ニュースで裁判員制度の話題が多いですが、5/21からスタートだそうですね。
ただし、これは裁判が明日から開かれるという意味ではないようです。
2009年5月21日以降に起訴された事件を対象にスタートするという事で、実際に市民が裁判に参加するのは、7月ごろになる見通しだそうです。

その裁判員制度のスタートを前に、昨日、民放各社の報道番組でキャスターを務める8人が記者会見を開き、

「裁判の透明性が増して『真に開かれた司法』となることを期待して導入される制度。その実現のために取り組む」
とするコメントを発表しました。

滝川クリステルさんは
「(非公開の)公判前整理手続きや(裁判員の)選任手続き、適切に行われたか検証することが重要な評議と、制度には三つの『ブラックボックス』がある」
と指摘しました。

まだクリアになっていない問題点の多いこの制度ですが、選任された人はどんな思いでいるのでしょうか。
気が重い、憂鬱だ、不安で仕事が手につかない、などなど、もしも私だったらそんな状態になっているのではないでしょうか。
個人的にはやはり、辞退ですね。


lastbarhimawari01.jpg
posted by シノブ at 08:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

ムーディーズ格付け Aa2


アメリカにある格付け会社、ムーディーズ。
ムーディーズ・インベスターズ・サービスは18日、日本政府の自国通貨建て債務格付けをAa3からAa2に引き上げました。
同時に、日本の外貨建て債務格付けをAaaからAa2に引き下げました。

日本の多額の国内貯蓄、国内の金融機関、機関投資家の強い国内投資志向、比較的低水準にある外国人投資家の国債保有比率、日本の1兆ドルにのぼる外貨準備高などが、日本の相当の強みを反映しているとしています。

何か、よく解らない難しい話ですよね。

これって日本の経済力はそこそこいいって言うことなのでしょうか。
不況の中にあって、割とがんばっている?

今回の不況に対する、日本政府が行った景気刺激策のための資金として、今年発行する過去最大規模の国債について、ムーディーズでは市場は吸収できるとみているそうです。

ちょっと疑わしい気もしますが、この発表を受けて、がい黒人投資家が戻ってきてくれるといいのですけどね。

ちょっと難しい経済関連の話でしたが、私は平日の深夜、最も遅い時間の経済番組、ビジネスクリックを最近見ています。
深夜1時30分ごろ、TBSにて放送しているミニ番組です。
ご存知でしょうか?
永池南津子、今井 友香、橋本 愛実、原絵里といった女性たちが情報を伝えていますが、ミニスカをはいていて、とても色っぽい感じ。
正直情報伝達には不向きな感じですが、なんともいえない魅力があり、毎日欠かさず見ていたいです。
ちょっとは経済の勉強にもなる? かも…


lastbarculip01.jpg
posted by シノブ at 08:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ拡大


海外渡航のない日本人感染者が急激に数を増してきています。
兵庫、大阪では学校は7日間休校になっています。
子供がいる家庭では、親も仕事を休まなくてはならなくなるでしょう。

大阪での流行は、すぐにも東京などのほかの都市圏にも広がりそうです。
政府の対策レベルも、それに合わせて第二段階、国内発生早期、に切り替わりました。

しかし、この対策は強毒性ウィルスを想定して組まれているらしいのです。
ところが、今回の新型インフルエンザは、鳥インフルエンザのような強い毒性はなく、致死率も低い。
つまり、これは新型、などと大げさに騒ぐようなものではなく、通常の季節性のインフルエンザと同じではないのでしょうか。

世界的に騒がれているだけで、反応が過剰だと思います。

手洗い、うがい、室内の湿度保持、換気、規則正しい生活、そうした基本的な対策が一番効果的なのではないでしょうか。


lastbarbaterfly.jpg
posted by シノブ at 07:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

医薬品2010年問題


ジェネリック医薬品というのを知っていますか。

後発医薬品とも呼ばれるジェネリックは、新薬の特許が切れたことにより、安価で販売できるようになった薬です。
価格は新薬と比べ3割から、時には8割も安くなります。

この医薬品の特許は一般に20〜25年で切れるのですが、この特許切れが2010年に相次いで起こるようです。

ジェネリック医薬品の恩恵に預かれる人は、今はまだあまりいないのかもしれませんが、2010年を過ぎて、色々な薬がジェネリックに変わっていけば、医療費は安く上げられるようになります。
これは、消費者にとってはありがたいのですが、大手医薬品メーカーにとっては利益が下がることになり、頭の痛い問題のようです。

対策としてはジェネリック医薬品の販売に力を入れるか、新薬を開発して特許を取得し、製造販売を独占して利益を上げるか。
新薬開発っていうのは開発費もかかるだろうし、なかなか大変でしょうね。
医薬品は人命にかかわるものです。
企業の利益追求のために、変な事件を起こさなきゃいいのですが…。

lastbarcosmos.jpg
posted by シノブ at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キリン フリー


4月に発売になった「フリー」。
ずっと気になってはいたのですが、先日コンビニで売っていたので購入しました。148円でしたね。

「キリン フリー」はキリンビールの新商品で、アルコール分のまったくないビール風味飲料です。

従来のビール風味飲料はアルコール分が0.1〜0.5%あり、アルコール分ゼロは世界で初めて。
これまでのビール風味飲料は、ビール酵母で「麦汁」を発酵させるため、どうしても微量のアルコール分が残ってしまうのだそうです。
そこで、キリンはビール酵母を使わず、甘さを抑えたビールの風味を出し、アルコール分ゼロを実現しました。

ノーアルコールビール、私は時々飲みます。
外食して私が運転の時はアルコールは飲めませんし、それでも飲みたい気分の時があります。
そんな時には「レーベンブロイ」等を飲みますが、0.5%くらいのアルコールが含まれているので、何本も飲むとノーアルコールとはいえ、それでも少しだけですが酔った感じになってしまいます。
だから飲むとしても1本にしていました。

だからこの「フリー」にはちょっと期待もしていたのです。

ですが、はっきり言ってしまうと、あまりおいしくありません。
確かにビールのような雰囲気はあるのですが、うまみが無い。
味がしないというか、ただ泡や色がそれっぽく見えるだけ。

どちらかといえば地ビール系の酵母がたっぷりとか、にごった感じのビールが好きな私には、向かないですね。
もう少し、改良していただきたいものです。


lastbarflowerw.jpg
posted by シノブ at 08:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

クラウド・コンピューティング


インテルの独禁法違反の話を書いたので、ちょっと関連のある話題を。

私はメールアドレスをいくつか持っています。
いわゆるサブアドというやつです。

その中のひとつがグーグル(google)のG-mailです。
無料で提供されているサービスなので、登録さえすれば誰でも使うことが出来ます。

G-mailのいいところは、家のパソコン以外でも、パソコンとネットに繋がる環境さえあれば、どこでもメールが見れるという点です。
しょっちゅう使うメールやデータはこっちに送信しておきます。そうしておけば、グーグルに繋がればいつでも引き出せるのです。

この考え方を発展させたようなものを、クラウド・コンピューティングといいます。
つまり、データに限らず、アプリケーションソフトなどコンピュータの作業で必要なものを、手元にあるパソコンからネット上に移してしまい、必要に応じて取り出して使う、というものです。

使用者はアプリケーションやデータがどこに保管されているのかわからないので、雲の中にあるコンピュータシステム、つまりクラウドと呼ぶようになったみたいです。

これまでのパソコンは、例えば表計算ソフトのエクセルなど、パソコン1台に1つのアプリケーションが必要でしたが、クラウドにあれば個人でアプリケーションを購入する必要がなくなります。
パソコンは単なるネットに繋がるだけの道具になるのです。
これなら重たいノートパソコンを持ち歩く必要もなく、極端な話、携帯電話があればたいていのことはこなせるようになるかもしれません。

クラウドは未来のネット社会の様子を想像させます。
インターネットの進化した姿。
G空間もまたそんな期待を抱かせるものですが、こちらはまた機会があれば書きたいと思います。


lastbaricegrass.jpg
posted by シノブ at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテルに制裁金

インテル入ってる、の、あのインテルが独占禁止法違反だそうです。
私の目の前のパソコンにもインテルのシールが貼ってあります。

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)欧州連合(EU)の欧州委員会は13日、半導体最大手の米インテル(Nasdaq:INTC)がEU競争法(独占禁止法)に違反したとして、制裁金を同社に科しました。
これは、独禁関連のものとしては過去最高額の10億6000万ユーロ(約14億5000万ドル)だそうです。

また、世界のほとんどのパソコンの心臓部に当たるマイクロプロセッサーの販売法を変更することも同社に命じたとのことです。

インテル側はこれを不服として、異議を申し立てるようです。

確かに電気屋とかに行って、並んでいるパソコンを見ても、ほぼ100%インテルですよね。
まぁ、私にとってはパソコンのプロセッサーがインテルでも、そうじゃなくても、あまり関係はないですけど。
ただ、あのインテルのCMは好きだったので、業績が下がって見られなくなったりしなきゃいいんですけど…。

それにしても14億ドルって、どれだけの巨額でしょう。
札束をドンとおいたところを見てみたいものですね。


lastbarhiganbana.jpg
posted by シノブ at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

ベタープレイス 次世代交通システム


今年は電気自動車元年などといわれていますね。
電気自動車の発売ももうすぐに迫っています。

ガソリンを使わない電気自動車はクリーンでエコ。
将来的にはこのような形の自動車が普及していくだろうとは容易に想像できますが、まだまだ問題は多いようです。

その一つがバッテリーの充電です。
フル充電まで30分以上もかかるようです。

一回の充電で走行距離がかなりあり、家庭用コンセントからでも充電できるのであれば、それほど苦にはならないのでしょうが、まだそこまで技術は進んでいません。

そこで今注目されているのが、「ベタープレイス」というベンチャー企業です。

ベタープレイス・ジャパンは、 環境省が実施する「次世代自動車導入促進事業」に参加していて、充電するのではなく、バッテリーを交換するシステムの構築と普及を目指しているようです。

「バッテリー交換型電気自動車」が「バッテリー交換ステーション」に行くと、自動でバッテリーの交換が行われます。
この所要時間は2分とかからないそうです。

携帯電話やノートパソコンの充電切れの対策として予備のバッテリーを用意しておくようなものですよね。

確かにこれならば、普通にガソリンを補充するのと時間的に変わりません。

このベタープレイスが提唱する次世代交通システムのデモンストレーションが、現在横浜市にて行われており、一般にも公開されているそうです。
事前登録も必要ないとの事なので、開国博Y150のイベントとあわせて、一度見学してみたいですね。


lastbarmakaron.jpg
posted by シノブ at 10:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ停留期間


感染の恐れのある方の停留措置の日数が10日から7日に短縮されたそうです。
これは、米疾病対策センター(CDC)による潜伏期間は最長7日との発表を受けて決まったそうです。
現在ホテルにて停留されている方たちは金曜の夕方には開放されるみたいです。
ちょっとだけでもほっと出来たのではないでしょうか。

政府に任せきりではなく、国内の企業でも独自にインフルエンザ対策をしたりしているところもあるそうです。

私は海外はもちろん、本州からも離れたことがありません。
飛行機に乗ったのも、今までの生涯でたった3回だけです。

そんなわけであまり詳しくは無いのですが、フライト中に検疫って、出来ないものなのでしょうかね。


lastbarshell2.jpg
posted by シノブ at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

薪小屋とハートローズ


ハートローズという名前のバラがあります。
これは、花びら一枚一枚の形がハートの形をしているから、その名前がつけられた品種です。
去年の妻の誕生日にネットで検索して購入したものです。

鉢植えだったので庭に植え替えました。

そのバラが今年また花を咲かせてくれました。

DSC06128.JPG


今朝見かけたらきれいに咲いていました。

植えた場所は、薪小屋のすぐ横です。
写真のバラの奥に、積み上げられたまきが見えるでしょうか。

どうしてここに植えたかというと、まぁ、他に適当な場所がなかったからです。

このハートローズ、もともとは鉢植えだったということもあり、まだまだ背丈は低いです。
今は葉も沢山つけているのでわかりやすいのですが、冬場は葉も落ちいてるので、その存在を忘れがちです。
薪を取りにいくときなど踏んづけてしまいそうなのですが、そんな災難にもあわず、よく一冬越えてくれました。


posted by シノブ at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薬事法改正


私は病院にいくのがあまり好きではありません。
多少の体調不良なら、ドラッグストアに行って薬を買ってきて飲んで、後は安静にしています。

そんなドラッグストアが変わるみたいです。
6/1から改正医薬法や登録販売者制度が施行されるのです。

私たちがよく購入する薬を一般用医薬品(OTC医薬品)といいますが、これが3種類に分類されます。
第一類医薬品は、副作用、相互作用の面から、特に注意が必要なもの
第二類医薬品は、注意が必要なもので、解熱鎮痛剤、総合感冒薬などがこれに当たります
第三類医薬品は、多少注意が必要なもので、ビタミン含有保健薬などのことです

この中で第一類医薬品は薬剤師による販売となります。
ドラッグストアに行ってもレジの後ろの鍵のかかる棚などに入っている為、手軽に手にとることはできなくなるわけです。
これだとパッケージの説明を見て考えることが出来なくなるので、他の薬の陳列棚に、空き箱だけを置いておくようになるみたいですね。

第一類に分類される薬って言うのは、これまであまり買ったこともないので、個人的には影響はないと思います。
それでもドラッグストアに行って空き箱が並んでいれば、それは第一塁医薬品ということになりますね。
6/1が過ぎたらドラッグストアに行って、いろいろと見てみたいと思います。


lastbarkingyo2.jpg
posted by シノブ at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

うつ病の対処方法


自分の気持ちや状況を人に話す
疲れを取るためにゆっくり休み、たっぷり睡眠
先のことで悩むのはやめる
ありのままの自分を認める

などを心がけるといいようです。
うつ病はストレスとも密接な関係があるので、まずはリラックス、そして気分転換が大切なのですが、人によってはそれが上手ではない人もいますよね。

私の場合は憂鬱な気分の時は薪割りでスカッと気分爽快、というのがベストかもしれませんが、気持ち的に体を動かしたくない時も多々あります。
そんな時に薪割りは、逆に気が重くなるので出来ません。
散歩もいいのでしょうが、なかなか出かけられません。

音楽や映画も気分を和らげてくれますが、ディスクを用意することさえ億劫な場合もあります。

そんな時はダラダラしてます。

何もせず、ぼっと過ごします。

時間が解決してくれる、って言うこともありますよね。自然に身を任せているうちに、体が気分を癒してくれるかもしれません。
活力を補充するやり方は人それぞれですから。

それでも長い間睡眠不足や体調不良が続くようなら、病院に行って診察を受けるのもいいのではないでしょうか。
最近はうつ病に対しての理解も広まりつつありますが、精神科に抵抗がある日とは、心療内科を受診してはどうでしょうか。
診察内容はあまり変わらないそうです。


lastbarreadbook2.jpg

posted by シノブ at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DMS-W


先日の日曜日はかなり暑くなりましたね。
各地で5月の最高気温を更新したようです。これからまた暑い日が始まるのかと思うと、ちょっとぞっとしますね。

化と思うと、また曇りの日になりました。
朝起きて太陽の光がさしていないと、なんとなく爽快な目覚めとはならず、気が沈みがちになってしまいます。

この時期気をつけたいのが、やっぱり、鬱、かもしれません。

心の風邪とか心の病とか呼ばれるウツですが、日常生活の中でイライラしたり落ち込んだり、というのはよくあることなので、その違いの見極めが難しいようです。
専門家の間では「DMS-W」という「うつ病診断基準」というものがあるようです。

どんなによいことがあっても、改善しないような嫌な気分(抑うつ気分)

それまでに興味があったあらゆることに、興味がなくなった状態(興味喪失)

この2つの内のどちらかに該当することがまずは第一条件になります。

次に
「体重が減った」「不安になったりイライラする」「疲労感がある」「自分には価値がないと感じたり、罪の意識を感じる」「集中できない」「眠れない」「自殺を考えてしまう」
の項目のうち、4つ以上に当てはまるかどうか。
(抑うつ気分と興味喪失の両方に当てはまる場合は、3つ以上)

最後に、これらの状態が2週間以上続くこと。

これがうつ病の判断機銃として考えられるそうです。

私にも少し思い当たる節があるのですが、忘れっぽい正確なので、大抵は1週間もすれば忘れてしまうので、たぶん大丈夫です。


lastbartukue.jpg
posted by シノブ at 08:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

5/9 世界フェアトレード・デー


このブログでも何回か話題にしましたフェアトレードですが、実は先週の土曜はフェアトレードの日、でした。

これは、WFTO(世界フェアトレード機関:World Fair Trade Organization、旧称「IFAT」)に加盟する世界70ヶ国・約350団体のフェアトレード組織と生産者組織が、一斉にフェアトレードをアピールする日です。
毎年5月の第2土曜日に、各国でイベントやキャンペーンが同時開催されます。

そして、今年のテーマは

「フェアトレード+エコロジー」

環境にもやさしいフェアトレード商品の生産の意義をアピールしていくということです。

途上国の貧困をもたらしている原因のひとつに、貿易の不公正なルールがあります。
一部の先進国に有利な貿易ルールによって、農産物の価格が不当に下落し、多くの途上国の小規模農民が貧困に追いやられています。

途上国の人々が対等な立場で貿易に参加できるように、各国で一斉にイベントやキャンペーンを行います。

このキャンペーンは世界規模であり、またこの日に限らず、今月はフェアトレード月間と位置づけられています。

日本ではフェアトレード商品というと、コーヒーがほとんどですが、他にも紅茶やチョコレートのほかに、バラなどの花もあります。
ちょっと遅くなってしまいましたが、母の日にはフェアトレードの花束をプレゼントする、なんていうのもなかなかいいのではないでしょうか。


lastbarcoffee2.jpg
posted by シノブ at 17:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ

日本人の発症者がついに出てしまいましたね。
感染の疑いのある人もホテルに缶詰状態だそうです。
係留措置、というらしいのですが、かなり大変な生活を強いられるようですね。お気の毒です。
もし私がそうなったとしたら、退屈でおかしくなっちゃいそうです。

そんな中、私の携帯電話に一通のメールが届きました。
自治体の健康福祉センターというところからです。

これは安心安全メールというもので、登録しておくと、住んでいる地域の情報が送られてくるというものです。
火事があったとか、振り込め詐欺に注意、交通事故が多発しているので注意、などといった内容のものが送られてきます。
中でも一番多いのが、不審者情報です。
どこそこで、子供が怪しい人に声をかけられたといった事案ですね。

ところが今回はインフルエンザ関連。
さすがにこれは初めてでした。

内容はというと、感染予防対策の奨励ともうひとつ。
自宅待機に備えて食料等2週間分程度の備蓄を励行してください。
とありました。

つまり、最悪の場合自宅待機もありうる、との見解なのでしょうか。

さすがにそれはちょっと、大げさ、ではないのでしょうか。

このメールを受け取っても食料の備蓄に走らない私は、お気楽者でしょうか?


lastbargenkan.jpg

posted by シノブ at 17:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

日経平均9000円越え


大型連休中、海外では軒並み株価が上昇していたのを受けて、日本でも連休明けの昨日、日経平均株価が、大きく上昇しました。

このところの動きを見ていると、株価は底入れしたのではないかと思えます。
ただし、株価と景気には時差があるとのことです。6ヶ月以上は遅れるらしく、あるエコノミストの言葉によれば、来期から景気が回復するだろうといっていました。

話は変わりますが、雨の日が続いていますね。
台風一号が発生したようです。
新緑が雨でキラキラしています。

雨の日でもいいことはあるし、やまない雨はありません。
景気だっていつかは回復するでしょう。


lastbarheadphone.jpg
posted by シノブ at 17:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

焼きポン


先日東北道のパーキングエリアで、焼きポンというものを買って食べました。
この辺の名産品なのかと思っていたのですが、丹波の栗でした。
普通の天津甘栗よりも大きく、すごくおいしかったです。

丹波篠山は西丹波の山々に囲まれた盆地にあり、夏は暑く、秋冬は気温が著しく下がり、丹波名物の霧がおります。
この独特の気候が日本を代表する味覚を生むのだそうです。

その中のひとつがこの栗です。
丹波地方で生まれた新食感「焼ポン」は、やわらかく栗の風味をそのまま残し、特殊圧力製法で香ばしくホッコリと焼き上げてあります。
無添加の栗そのままの味。

それに天津甘栗と違うのは、はじめから殻が割れているところです。栗の実が簡単に取れるので、それ程手も汚れません。

中くらいの大きさの、1000円のやつを買ったのですが、家族であっという間になくなってしまいました。


lastbarreadbook.jpg
posted by シノブ at 17:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郊外の山道


ゴールデンウィーク、終わっちゃいました。
人によっては今週いっぱい休みの人もいることでしょう。
休みが多い人や、時間を自由に使えるって言うのはうらやましいですよね。
出来ることなら、私も一日中、一年中、好きなことだけをして暮らしていたいものです。

さて、このゴールデンウィークは、私は実家に帰る予定を取り止め、近場で日帰りドライブにあちこち出かけました。
郊外の、自然がいっぱいあるところ、まぁ、言ってしまえば田舎の方に行ったのですが、山道を車で走っていると、道すがら切り倒した木をよく見かけます。
原木を丸まる放置してあるのもあれば、運搬しやすいように枝を払ったもの、手ごろな大きさに玉切りして積み上げてあるもの…。

そんな木を見かけるたびに私は、

「おっ」
「いっぱいある」
「すごい」
「いいなぁ」
「欲しい」

などなど雄たけびを上げてしまいます。

あれだけあれば薪一年分になるかな、そんなことを考えながら車を走らせるのです。

その言葉を聞いた娘が
「家にもあるでしょ」
とたしなめてきます。

「それに置き場所ないよ」

これも仰るとおりです。

休みももう終わりなので、また薪作りに励みますね。


lastbarmomizi.jpg

posted by シノブ at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

母の日のカーネーション


今度の日曜日、5/10は母の日ですね。
今日、百円ショップに娘といってきました。
というのも、母の日のプレゼントを作る為です。

生花ではなく、造花にリボンやら包装紙やらをつけて、きれいに飾りつけた花束を作ってプレゼントしようと考えているみたいです。
私はそのお手伝いをほんの少しだけ。

さて、カーネーションに限らず生花の場合、出来るだけ長い時間楽しみたいものですよね。
そこで大切なのが、「水切り」です。

バケツなどにたっぷりと水を入れます。
茎の下が水の中に入っている状態のまま、茎の下のほうを斜めに切り取ります。
この時、はさみやナイフは鋭いものを使うのがコツです。
この作業は花の水揚げをよくするために行うのですが、空中でこれをすると、切り口に空気の気泡が入り込んでしまい、水揚げの邪魔になります。
切れ味の悪い刃物は、切り口をつぶしてしまい、これも水揚げの邪魔になってしまうのです。
斜めに切り落とすのは、水揚げの面積を広くする為です。

つまり、生花を長持ちさせるには、水揚げが大切ということです。

水が汚れてくるとバクテリアが発生してしまうので、こまめに取り替えるか、葉の部分はあらかじめ落としておいたほうがいいでしょう。
また、十円玉を入れておくと、銅イオンの効果でバクテリアの発生を抑えられるとも言いますね。

娘は父の日にも花をくれるつもりでいるようです。
気持ちだけで十分ですから…。


lastbarcoffeetime.jpg

posted by シノブ at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ETC割引ちょっぴり活用


GW、高速道路では渋滞が起きていると聞いていました。
ニュースでは連日関連情報を流していますし、地方の観光スポットも客足が軒並み伸びているようです。
これもETC割引の効果でしょう。
定額給付金なんかよりも、よっぽど経済効果があるのではないでしょうか。

我が家でもほんの少しではありますが、その恩恵に預かってきました。
割引は僅かに900円くらいでしたが…。

東北道を北上してきました。
上りはUターンラッシュで混雑が予想されたので避けました。

途中、佐野インターを通りましたが、昇り斜線では出口で渋滞していました。大渋滞です。
インター出口から高速道までずっと車が繋がっており、路肩は出待ちの車の列。
見ているだけでぞっとする光景でした。
あの列の最後尾の車は、果たして出られるまで何時間かかることか。

さて、私の車は渋滞にあうこともなく、途中のサービスエリアでも駐車スペースも十分にあり、「焼ポン」なる大きな天津甘栗のようなものを勝って食べました。おいしかったです。


lastbarcafe.jpg
posted by シノブ at 08:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。